え、いつの間に変更されたの?

色々変わるのね。明日、先月イベントをしたサロンに忘れ物を取りに行くことになっています。最初一人で行こうと思ったのですが、そこのサロンの近くはご神水でも有名なので神社巡りが好きな友達を誘ってもいいなぁと思いついたんです。そしたら迎えに来てくれることになって他にも色々行きたいから午前中の待ち合わせになったんです。サロンに行くのは午後からの約束だったけど、神社さんは午前中の方がいいので早くてもいいかなと思っていました。少し前に約束したので前日だし確認がてらメッセージしたら、時間が最初の約束より1時間遅くなっていました。しかも色々行く予定が省略されていてちょっとびっくりでした。何もやりとりしてないのに勝手に変更されても困るのですが、車に乗せてもらうと助かるので合わせておくことにしました。でも今日にも同じ付近の場所を色々ドライブしてくるように言っていたので明日もどうなることやら~。もう一度、夜にメッセージして都合が合わなければ自分で行こうかなと思ってます。http://www.alohakids.net

気を引き締めなければ

今日は仕事が休みで、ゴールデンウィークということもあり、人が混みあわない営業時間時間を狙って買い物に行きました。開店して間もないにも関わらず人が多く、目的としていたものだけ購入して帰りました。車で信号待ちをしていたところ、後ろにパトカーがいて、休みなのに大変だなぁと呑気に思っていたところ、左折したところで停まるよう促されました。何故だろうと思いながら近寄ってきた警察の方に話を聞くと、一旦停止をきちんと出来ていないとのことでした。一旦停止があることも知っていて、きちんとしたはずなのにと思いましたが、端から見てそう見えていたんだと思うと、気を付けなければという気持ちになりました。どうせなら、隠れて取り締まりをするのでなく、一旦停止のところで警備誘導してくれればいいのに…と思いましたが、こうやって見回ってくれていることで事故が軽減するのだなと感じました。また、私自身、今年厄年ということもあり、これで厄が落ちたと思うと、大きな事故ではなくて良かったと前向きになれました。デオシークの口コミ・効果※子供は?デオシーク・クリアネオ・ノアンデ比較

打ち敷きなどを勉強した

勉強をしました。打ち聞きとは偶然、耳に入った言葉や話、ちょっと聞くこと、聞いたまま書き留めておくこと、またその記録のことです。打ち着すとはひょいとかぶせる、着させることです。打ち衣とは砧で打って光沢を出した衣のことです。打ち具すとはそなわる、そろう、伴う、連れ立つ、持つ、携えることです。打ち越しとは宿を一つ越して先の宿まで行くことです。打ち込みとは、秩序なく入り交じることです。打ち捧ぐとは少し上に向けることです。打ちささめくとは、ひそひそと話すことです。内沙汰とは内々で処理することです。内侍とは宿直や警護のために設けた武士の詰め所のことです。打ち曝すとは波が打ち寄せて浜辺を洗うことです。打ち敷きとは家具などの下に敷く装飾用の敷物のことです。打ち頻りとは頻繁にという意味です。打ち湿るとは水気を含む、しっとりする、静かになる、落ち着くという意味です。内衆とは使用人、家来という意味です。打ち過ぐとは過ぎる、通過する、経過するという意味です。コラゲナイトの口コミ・効果※コラゲナイトで目元のたるみ、シワは改善?

ジュースを飲んだりした

デニッシュを食べました。ミニスナックゴールドというのを食べました。外側には砂糖がかかっていました。甘くて美味しかったです。そして、イチゴ味のジュースを飲みました。1本だけ飲みました。また機会があれば、飲みたいなと思いました。そして、言葉の意味について勉強をしました。薄しとは厚みがない、色や匂いなどが淡いという意味です。薄知りとはうすうす事情を知っていることという意味です。薄墨色とは薄い墨色、ねずみ色という意味です。薄墨紙とは薄ねずみ色の紙のことです。薄墨衣とは淡い色に染めた衣のことです。薄茶とは抹茶のたてかたの一つです。茶の量を少なくしてたてたものです。臼づくとは穀物を臼に入れてつくことです。臼取りとは餅をつくとき、杵に餅が粘りつかないように水を付けた手で餅をひっくり返すことです。薄匂いとは、かすかに匂うことです。薄端とは薄手につくった金属製の花器のことです。薄花桜とは色の薄い桜の花のことです。http://www.cottonclaw.com/

面白い番組を見ました

深夜に放送されているバラエティー番組を見ました。最初は上京してきた人にインタビューするコーナーをやっていました。次は、言われてみれば見たことのないものについて調査するコーナーをやっていました。次回はどんな内容なのか楽しみです。そして、勉強をしました。右京職とは右京の行政・司法・警察をつかさどった役所のことです。浮き世の習いとは人の世によくあることです。浮き世を立つとは生計をたてることです。浮き世笠とは当世風の笠です。元禄ごろに流行したものです。浮き世御座とは石畳のような模様を織り出した寝ござのことです。浮き世小紋とは当世風の小紋のことです。元禄ごろに流行したものです。浮世草子とは江戸時代の小説の一種のことです。浮き世話とは世間話という意味です。浮世絵とは江戸時代、西洋の遠近法を取り入れて実景が浮き出て見えるようにかいた絵のことです。受け取るとは手で受けて取る、受領する、引き受ける、請け合う、理解する、納得するという意味です。クリアネオ